宮城県 > 仙台市太白区

慈眼寺

慈眼寺は、塩沼亮潤大阿闍梨が修験道発祥の地奈良県大峯山において一日四十八キロを歩く『大峯千日回峰行』と九日間飲まず・食べず・寝ず・横にならずの『四無行』を満行し、 開山されたお寺です。

修験道の本尊である蔵王大権現は、今からおよそ1300年前、役行者(えんのぎょうじゃ)によって感得されました。
蔵王大権現の「権現」とは・仮のお姿で現れる・という意味で過去世をお救い下さる釈迦如来、 現世をお救い下さる千手観音菩薩、未来世をお救い下さる弥勒菩薩がひとつになり民衆を救うために現れたお姿なのです。

月2回(第1・第3 日曜日)の午後1時より、塩沼亮潤大阿闍梨による護摩祈祷と法話があり、どなたでも御参拝いただけます。

※平成26年8月の修法日のみ第2・第3日曜に変更となります。ご了承ください。
千日回峰行、四無行を満行された塩沼亮潤大阿闍梨によって平成15年に仙台市秋保に建立したお寺です。

この場所の情報

項目内容
郵便番号〒982-0244
都道府県宮城県
市区町村仙台市太白区
番地など秋保町馬場字滝原89-2
住所(1行表示)宮城県仙台市太白区秋保町馬場字滝原89-2
電話番号022-399-5333
ホームページ-
登録カテゴリ仏教寺院 > 宗教関連施設 > 宗教団体

この場所のイベント(0件)

地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)