福岡県 > 三井郡大刀洗町

大刀洗町

大刀洗町(たちあらいまち)は、福岡県の南部、筑後平野の北部にある町。三井郡に属する。久留米市への通勤率は15.4%(平成22年国勢調査)。地理福岡県の南部、久留米市から北東へ約15km、福岡市から南東へ約30kmの場所に位置している。町の南東部を筑後川が流れ、久留米市との境界を成している。町域すべてが筑後平野に含まれており、地形は平坦である。隣接する自治体 朝倉市 小郡市 久留米市 朝倉郡筑前町歴史町名の由来南北朝時代、菊池武光が小川を渉ったところを「菊池渡り」といい、太刀を洗った川を「太刀洗川」と称するようになったことが「太刀洗」という地名の由来だと言われている。ただし現在では「大刀洗」と「太刀洗」の2種類の表記が混在している。これは1889年に町村制が発足した際、村が「太刀洗村」と申請していたものが「大刀洗村」として官報に掲載されてしまったためである。近現代 1955年3月31日 大刀洗村・本郷村・大堰村が対等合併し、大刀洗町が発足。当初、県が示した合併案では、大刀洗村・本郷村は立石村(現・小郡市)と、また大堰村は金島村・大城村(現・久留米市北野町)とそれぞれ合併する予定であり、大刀洗村と立石村は合併の仮調印をしていた。これは、かつて大刀洗・本郷・立石の3村が御原郡に、また大堰・金島・大城の3村が御井郡に所属していたためであった。しかし、立石村と合併することによって町の中心地から外れてしまうことを懸念した本郷村有力者の意向で、大刀洗村・本郷村に、立石村の代わりに大堰村を加えた3村の合併となった。現在、大刀洗町役場が、町の中心とは言い難い大字富多(旧・大堰村域)にあるのは、合併時の妥協の産物である。 1991年2月27日 甘木市と境界変更。 1993年4月30日 甘木市と境界変更。 1995年4月14日 三井郡北野町と境界変更。 1996年5月17日 小郡市と境界変更。 1997年4月23日 甘木市と境界変更。 1997年4月23日 三井郡北野町と境界変更。 2003年2月14日 三井郡北野町と境界変更。

この場所の情報

項目内容
郵便番号-
都道府県福岡県
市区町村三井郡大刀洗町
番地など-
住所(1行表示)福岡県三井郡大刀洗町
電話番号-
ホームページhttp://www.town.tachiarai.fukuoka.jp/
登録カテゴリ市区町村

この場所のイベント(0件)

地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)