群馬県 > 吾妻郡高山村

高山村

高山村(たかやまむら)は、群馬県中北部、吾妻郡に属する村。吾妻郡の東端に位置し、ほぼ四方を山に囲まれる山村である。村内のもっとも低いところでも標高約420mであり、もっとも高いところは標高1250mを超える。1998年10月1日に施行された光環境条例によって、夜空が守られている。地理山岳 三並山 - 以下の3つの山が連なって見えることからこう呼ばれる。 小野子山 - 渋川市との境。標高1208.3m。 中ノ岳 - 渋川市との境。標高1188m。 十二ヶ岳 - 渋川市との境。標高1200.9m。 切ヶ久保峠 - みなかみ町との境。 赤根峠 - みなかみ町との境。県道36号上に全長913m赤根トンネルが1997年5月に開通した。峠道は旧道として残っているが、2013年4月現在、単管バリケードが置かれ通行不能となっている。 権現峠 - 沼田市との境。国道145号が通過する。そばに大理石村ロックハート城がある。 子持山 - 山頂が沼田市と渋川市との境にある標高1296.1mの山。山の西側の大部分が村内にある。 合之沢橋 - 県道36号上にある橋。渋川市との境。河川利根川水系であり、吾妻川の支流の名久田川が流れている。 利根川 吾妻川 名久田川(以下の川が村内で合流し、中之条町へ流れる) 火之口川 赤狩川 判形沢川 役原川 五領沢川 西沢川 梅沢川隣接する自治体 渋川市 沼田市 利根郡みなかみ町 吾妻郡中之条町沿革 1878年(明治11年)12月7日 - 郡区町村編制法の群馬県での施行により、行政区画としての西群馬郡を設置。 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、西群馬郡の尻高村と中山村が合併し高山村が誕生。(現・高山村尻高、高山村中山) 1896年(明治29年)4月1日 - 高山村が西群馬郡から吾妻郡へ編入され、現在に至る。 1953年(昭和28年)5月18日 - 二級国道145号長野原沼田線として指定施行。 1965年(昭和40年)4月1日 - 二級国道145号が道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道145号となる。

この場所の情報

項目内容
郵便番号-
都道府県群馬県
市区町村吾妻郡高山村
番地など-
住所(1行表示)群馬県吾妻郡高山村
電話番号-
ホームページhttp://vill.takayama.gunma.jp/
登録カテゴリ地域 > 市区町村 > アートと娯楽

この場所のイベント(0件)

地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)