大分県 > 玖珠郡九重町

宝泉寺駅

宝泉寺駅(ほうせんじえき)は、かつて大分県玖珠郡九重町大字菅原にあった日本国有鉄道(国鉄)宮原線の駅(廃駅)である。歴史 1937年(昭和12年)6月27日 - 宮原線恵良 - 当駅間開業により設置。一般駅。 1943年(昭和18年)9月1日 - 宮原線が不要不急線に選定され休止。 1948年(昭和23年)4月1日 - 恵良 - 当駅間営業再開により復活。 1954年(昭和29年)3月15日 - 当駅 - 肥後小国間延伸開業。 1971年(昭和46年)2月20日 - 貨物取り扱い廃止。 1984年(昭和59年) 2月1日 - 荷物取り扱い廃止。 12月1日 - 廃止。 2004年(平成16年) - 閉館。 2017年(平成29年)7月22日 - 観光物産館「宝泉寺駅」がオープン。駅構造廃止時点で、島式ホーム1面2線を持つ有人駅であった。地上より高い場所にあり、駅舎よりトンネルを潜り階段を上ったところにホームがあった。現在もトンネル・階段が残っている。豊後森駅から当駅の間で区間列車も設定されていた。駅周辺 宝泉寺温泉 壁湯温泉 川底温泉

この場所の情報

項目内容
郵便番号-
都道府県大分県
市区町村玖珠郡九重町
番地など-
住所(1行表示)大分県玖珠郡九重町
電話番号-
ホームページ-
登録カテゴリ駅 > 仏教寺院 > ランドマーク・名所旧跡

この場所のイベント(0件)

地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)