千葉県 > 千葉市中央区

フクダ電子アリーナ

フクダ電子アリーナ(フクダでんしアリーナ)は、千葉県千葉市中央区の千葉市蘇我スポーツ公園にあるフットボール専用の球技場。施設は千葉市が所有し、MMT共同事業体が指定管理者として運営管理を行っている(詳細は当項目を参照)。なお、千葉市の条例では「千葉市蘇我球技場」(ちばしそがきゅうぎじょう)等の名称が記載されている。なお、スタジアムの供用開始当初から東京都文京区に本社を置くフクダ電子が命名権を取得しており、「フクダ電子アリーナ」(略称「フクアリ」) の呼称を用いている (詳細は後述) 。日本のスポーツスタジアムでオープン当初から命名権を使用した初めてのスタジアムである。概要2005年に供用が開始され、ジェフユナイテッド市原・千葉(以下、ジェフ)が完成時よりホームスタジアムとして使用している。収容人数は19,781人。2002 FIFAワールドカップ前のスタジアム建設ラッシュ以降に設計、建設されたスタジアムの第1号である。なお、スタジアムの東隣にジェフのクラブハウスや練習所を兼ね備えたユナイテッドパークが設置されている。経緯1992年からジェフがホームスタジアムとして使用した市原緑地運動公園臨海競技場は最寄り駅となるJR東日本内房線五井駅から徒歩で30分程度、シャトルバスで5-10分の立地であった。千葉県は2002 FIFAワールドカップに合わせて市原市八幡地区に5万人程度が収容できる県営スタジアムの建設を計画していたが、同大会は日本と大韓民国の共同開催となったのに伴って日本国内の開催都市枠が削減され、千葉県が落選した事でこの計画は頓挫した。1990年代から川崎製鉄(現・JFEスチール) が千葉製鉄所(千葉市中央区、現・東日本製鉄所)の縮小を計画し、跡地利用についての話し合いを千葉市と始めた。これによって策定されたのが千葉市による蘇我特定地区整備計画である。当初の計画では再開発の内容として、商業地区、居住地区、公園地区、運動施設地区を盛り込む事は決められていたが、運動施設地区の中にはJリーグクラブがホームスタジアムとして使用可能なスタジアムを建設する計画は盛り込まれていなかった。しかし千葉市の側でも恒常的に蘇我に集客できる施設を設置したいという意図があり、建設した場合にここをホームスタジアムとして使用するかどうかをジェフ及び市原市に打診した。

この場所の情報

項目内容
郵便番号〒260-0835
都道府県千葉県
市区町村千葉市中央区
番地など川崎町1-20
住所(1行表示)千葉県千葉市中央区川崎町1-20
電話番号043-208-5577
ホームページhttp://www.sogasportspark.com/arena_top.html
登録カテゴリスタジアム、アリーナ、スポーツ会場 > ランドマーク・名所旧跡

この場所のイベント(48件)

10月定例会

2016年10月23日08:30

ジェフィーヌツアー

2016年10月15日12:00

第42節ジェフ千葉vs讃岐

2015年11月23日14:00

ジェフ千葉vsV・長崎

2015年8月15日19:00

地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)