福岡県 > うきは市

うきは駅

うきは駅(うきはえき)は、福岡県うきは市浮羽町朝田にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線の駅である。国鉄時代は筑後千足(ちくごせんぞく)駅を名乗っていたが、民営化後の1990年に旧町名(浮羽町)に合わせて「うきは駅」に改称した。歴史 1931年(昭和6年)7月11日 - 鉄道省(国有鉄道)の筑後千足駅(ちくごせんぞくえき)として開業。 1984年(昭和59年) - 無人化(その後再び有人化)、跨線橋設置。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR九州に継承。 1990年(平成2年)5月1日 - うきは駅に改称。 2015年(平成27年)4月1日 - JR九州鉄道営業による業務委託駅を廃止、簡易委託駅となる。 2017年(平成29年) 7月5日 - 平成29年7月九州北部豪雨の影響で当駅 - 日田駅間で不通となる。 7月18日 - 当駅 - 光岡駅間で運転再開。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地上駅。開業当初は単式ホーム1面1線であった。このことは1番線(上り用ホーム)と2番線(下り用ホーム)の材質の違いからもわかり、またポイント部分が不自然な角度で分岐していることからもわかる。互いのホームは跨線橋で連絡している。

この場所の情報

項目内容
郵便番号-
都道府県福岡県
市区町村うきは市
番地など-
住所(1行表示)福岡県うきは市
電話番号-
ホームページ-
登録カテゴリ駅 > ランドマーク・名所旧跡

この場所のイベント(0件)

地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)