場所:香川県のイベント

石川直樹『K2』出版記念トークイベント

//////////////////////////////////////////

石川直樹『K2』
出版記念トークイベント

4/17(sun)19:00〜

//////////////////////////////////////////

写真集『K2』の出版を記念して、写真家・石川直樹さんのトークイベントを行います。

ヒマラヤ山脈の西端に位置する、世界第2位の高峰「K2」。
昨年9月には、約2ヶ月に渡るK2遠征から帰国されたばかりの石川さんに、お話を伺うことができました。

その後、写真集『K2』が完成、昨年12月に出版されました。

ヒマラヤの8,000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』(SLANT) に続き、シリーズ第5弾となる『K2』。
一連の写真集を出版した石川さんは今、『K2』をどのように語るのでしょうか。

----------------------------------
―ヒマラヤ山脈の西端に位置する世界第2位の高峰K2(8611m)。

石川直樹は、23歳のときに初めてエベレストに登頂し、10年後には別ルートから二度目の登頂を果たしました。その後もローツェ、マナスル、マカルーをはじめ、ヒマラヤの8000メートル峰へと遠征を重ね、2015年夏、高所への旅の最終地点としてパキスタンのK2を選びました。

K2は独立峰であるがゆえに天候の予想が難しく、ルートが厳しいことも相まって、世界で最も危険な山といわれています。今夏の遠征では、隣にあるブロードピーク(8047m)でも順応を行い、K2登頂に向けてさまざまな条件が整うのを待つ日々が続きました。しかし、日を追うごとに雪崩の回数は増え、石川たちの隊はついにK2からの撤退を余儀なくされます。

これまでの遠征とは異なるパキスタンからのアプローチ、下見を含め二回訪れたバルトロ氷河、峻険なカラコルムの山々に取り囲まれたベースキャンプでの日々、極度の緊張感に満ちた超高所での一夜、そうした長旅の道程を、石川は中判フィルムカメラによって余すことなく撮影しました。

「また必ず登りたい」。石川にさらなる強い思いを抱かせることになった今夏のK2遠征の日々を凝縮した一冊が、本書となります。
-------SLANT HP( http://slant.jp/k2/)より



--【石川直樹『K2』出版記念トークイベント】-------------

[日時]2016.4.17(sun)19:00〜(受付18:30〜)
[会場]北浜住吉(香川県高松市北浜町4-14)
[入場料]1000円+1ドリンク制

会場の「北浜住吉」は、BOOK MARUTEからすぐ近くの古民家ゲストハウスです。場所がわからない方は、まずBOOK MARUTEにお越しください。


◉参加申込はこちらからお願いいたします!
http://goo.gl/forms/paX0NZBFuX


【PROFILE】
写真家 石川直樹 /Naoki Ishikawa
1977年東京都生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により 土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。また、ヒマラヤの8,000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』(SLANT) を4 冊連続刊行。最新刊に『SAKHALIN』(アマナ)、『潟と里山』(青土社)がある。
http://www.straightree.com/

---------

写真集『K2』
78ページ/ハードカバー
デザイン:田中貴志
定価:3,700円+税
SLANT(2015年12月13日発売)

開催日

2016年4月17日19:00 ~

イベント登録者

BOOK MARUTE

開催場所

項目内容
場所北浜ステイ 北浜住吉
住所(1行表示)〒760-0031 Kagawa Takamatsu-shi 北浜町4-14

開催場所の地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)