場所:石川県のイベント

のっぽくん新店舗で「大地の再生」の会

みんなに心地よい空間を作る

〜杜の園芸・矢野さんと学ぶ 大地の再生〜

あなたにとって、
なぜか心地よく感じる場所、
また行きたいと思う場所は、
どんなところですか?


のっぽくんの新しい店の敷地は、全部で250坪。
店舗以外の部分は、お客様に便利なように、
ほぼすべて駐車場にするつもりでした。

そして、少しでも心地よい空間作りをしたいと、
「大地の再生」の矢野さんに土地を見て頂いたら、


アスファルトでおおわれた駐車場にするよりも
植物や小動物が居心地のよい空間にすることで
人にも気持ちよい空間になりますよ、と。
自然とお客様がまた来たいと思うような場所に、なりますよ・・とのこと。


全国で、「土地の再生」をしている矢野さん。
ちょっと手を加えるだけで、
暗い雰囲気だった場所が生き生きし始めたり
田んぼの水はけが変わり、お米がたくさん採れるようになったりするそうです。

と書くと、なんだか
あやしい「妖術」のように?思われるかもしれませんが、
やることは、とってもシンプル。

敷地の地下に水が常にゆったり流れるように
「水脈」を作っておく。

その水脈に、空気を送り込むために、
植物を配置する。

田んぼなら、土とコンクリとの間に小さな穴を掘り
酸素を送り込むだけ。

お庭でも、水はけや風の通り道をちょっと考えるだけ。

いつもキレイな水と空気が流れている場所になると
地上の部分も、いつも空気が流れて
アクの溜まらない、気持ちよい空間になるそうです。

こんな話を聞いて、
「自分たちの店を作る」というよりは
みなさんと共有する「公園」のようなもの?を作るイメージで
整備を進めていけたら、と思うようになりました。


今回、
全国でひっぱりだこの矢野さんから
直接お話を聞き、
実際に水脈の施工をしてみる
そんなワークショップをやります。

ご一緒に、「心地よい場所を生み出す」経験をしてみませんか?

折しも、新月と重なっています。
新しい水の流れを作り出すのにぴったり?
楽しみです!

...............................................................................


〜参考記事〜

呼吸をしている限りは、まだ間に合う。大地の再生
http://watashinomori.jp/interview/image_itv_19.html

風土を再生する〜里山整備の視点
http://watashinomori.jp/gotoact/job_vlt_05.html

..........................

大地の再生 全国「結の杜」づくり
https://www.facebook.com/daichisaisei/


...............................................................................
**参加ボタンだけではご参加申込になりません!
必要事項をメールかファクス、メッセージにてご連絡ください**

【日時】

2017年3月31日(金)ー 4月2日(日)
9:30〜18:00頃
(9時受付開始)

*雨天決行。

【集合場所】
のっぽくん店舗
野々市市本町2-1-24

(お車は、のっぽくん新店舗予定地に隣接した新駐車場予定地に停めていただきます。ご案内しますので、9時20分までに店舗正面にお越しください)

公共交通ご利用の場合
金沢駅から北鉄バス40,41,42で「野々市中央」下車→徒歩5分
または北鉄バス44で「東野々市」で下車→徒歩1分

または
北陸鉄道石川線 野々市工大前駅で下車→徒歩3分

【スケジュール】

※時間は目安となります。
作業の進行状況により前後する場合がございます。

3日間とも
09:00 集合・受付
09:30 開始・実作業
12:30 昼食
13:30 実作業
17:00 作業終了・まとめ
18:00 解散


【参加費】
5,000円/1日

【昼食】
コミュニティトレードアルの玄米お弁当ご注文いただけます
(700円・1000円からお選びください)


【宿泊】
ご自身で適宜、ご手配ください。


【お申し込み・お問い合わせ】
※事前に下記を明記してご連絡ください。
※「参加ボタン」だけでは申し込みになりませんのでご注意を!

・お名前
・参加出来る日付(連続でなくても大丈夫です)
・電話番号
・交通手段(自車か交通機関か)
・お昼ご飯の有無

[連絡先]
メール: ftc@k2.dion.ne.jp
電話とFAX 076-246-0617


【服装】
野外で作業できる服装、軍手、長靴、
帽子、タオル、必要なら雨具(カッパ上下)と防寒具、


【持ち物】
・移植ゴテ、ノコ鎌、シャベル、くわなど
(お持ちでない場合は、お貸しいたします。)

・水筒など 作業中の飲みもの


...............................................................................


~「大地の再生講座 結の杜づくり」に向けて~
矢野さんより

日本の各地で、
傷んできた大地の再生講座をひらかせてもらうようになり、
大地の再生は、関わる四者の結い作業(協働作業)によって
成り立ってゆくものだと 改めて思うようになりました。

一. 杜の園芸
二. 講座の参加者
三. 講座で関わる地域(人社会)
四. 講座で関わる自然(生き物社会)

杜の園芸と参加者の方だけのギブ&テイクでは終わらない。
その学びと改善の余波は、直接流域におよび、
その場とその周囲に影響し合う責任を
問われてゆくことになるでしょう。


“結の杜づくり”
それは、まるで おまつりのおみこし担ぎのよう。

-- 誰かがつかれたら誰かが入れ替わり、
力のある人・ない人 それぞれに力の流れをつむいで
おみこしは進んでゆく。

命の作業は、
あわてず、あせらず... ゆっくり急げ。

人だけが楽しむのではなく、
みなが力を出し合う、ささやかな結い作業によって
命はつながってゆく。 --

それは、小さな動きから大きな動きまでが連鎖してゆく
自然の生態系の動き・流れそのものに重なります。


そもそも「杜」の語源とは、

-- 人が森の神に誓って
「この場を、傷めず、穢さず、大事に使わせてください」
と祈りを捧げて、ひも(紐)張って囲った場、を意味する和語 --

と、ある本に記されていました。


この大地の再生講座(学び)が
願いや想いだけにとどまらず、具体的な
大地の要である水脈機能(大地の空氣と水の循環)を回復するための、
人と自然との協働作業(結)として
一歩一歩つむがれてゆくことを願い、
今年もスタートしていきたいと思います。


杜の園芸 矢野智徳


...............................................................................

大地の再生講座 〜結の杜づくり〜(2016年 全国版スケジュール)
https://www.facebook.com/events/635542419944766/

開催日

2017年3月31日09:30 ~ 2017年4月2日18:00

イベント登録者

コミュニティトレードアル

開催場所

項目内容
場所のっぽくん新店舗予定地
住所(1行表示) Ishikawa Nonoichi

開催場所の地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)