場所:北海道のイベント

わたら in 函館八幡宮

わたら in 函館八幡宮

・日時 2016年7月9日(土)開場18:00 / 開演19:00
・場所 函館八幡宮 函館市谷地頭 2-5
・チケット 前売り 3000 円 / 当日 3500 円
(お着物 or 浴衣をお召しの方は 500 円分の飲食交換チケット付)
・駐車場 あり
・託児 あり(1人 350 円 / 要予約 /〆切 7 月6日(水)
・イベントは野外で開催予定です。蚊除け対策など各自でお願い致します。雨天時は函館八幡宮敷地内にある氏子会館にて開催。
・出店予定 ククム パザールバザール 他
・函館八幡宮 facebook ページにも詳細が載っております。

・すべてのご予約 / お問い合わせ
わたら in 函館八幡宮 Facebook ページ又は、tomooooooon@hotmail.co.jp 090-1643-0153(エポン舎)まで。

わたらpv
https://www.youtube.com/watch?v=ca3Qk_Fl8Gc

【多民族芸能楽団 わたら プロフィール 】
かつて 渡り来たもの やがて 渡り行くもの
信仰のふるさとチベットの祈りの唄と遊牧民の駆ける二胡。
悠久のシルクロードを旅する踊り子。
韓国の農楽と躍動するチャンゴのリズム。
そして日本の魂の響き和太鼓。祭囃子を飾る笛の音。
時を越えて愛されてきたアジアの民族音楽や踊りたちが
舞台の上で長い旅の記憶を語りあい、混ざりあい、笑いあう。
その先がどれだけ遠い道のりになろうとも。渡ってゆきなさい。この世界を。

●テンジン クンサン /Tenzin kunsang〈チベット伝統楽器奏者〉 チベット伝統音楽を学び、ダムニエン、バンスリ、打楽器など習得。伝統曲だけにとどまらず、 オリジナルの楽曲も演奏する。チベットに伝わる物語をオペラで表現したり、チベタンダンスなども得意とする。 チベット高原に響き渡るような歌声は聴く人の魂を揺さぶる。

●チェ ジェチョル / 崔 在哲〈韓国太鼓奏者〉 ソルチャング(韓国太鼓の独奏)の演奏を軸にして、伝統音楽、現代音楽の垣根を越えて様々な場面で活躍中。 仙波清彦&カルガモーズ、琴鼓 'n 管(キンコンカン)に所属。
2009 年より日本と韓国の文化に触れる旅「Chango Walk」を始める。
「歩く生活、歩くリズム」を求めて、東京~京都(2009)、京都~博多(2010)、東京~韓国「星州」(2015) までの道のりを太鼓を叩いて歩き進んだ。
http://choijaechol.wix.com/changowalk

●立石 雷〈篠笛 能管 和太鼓奏者〉 滋賀県高島市出身。
小学 5 年生からドラムを始める。 高校生時代メキシコに留学。
2011 年、佐渡を拠点に世界で活動する太鼓芸能集団「鼓童」に入団。 篠笛を太鼓芸能集団「鼓童」名誉団員、山口幹文氏に師事。
2013 年には人間国宝坂東玉三郎主演舞台「アマテラス」で共演。 日本、海外で多くの公演に参加した。
2015 年、鼓童から独立し、姉と「stands」というユニットを結成。 音楽活動、古民家を利用したイベント企画、移動式音楽祭 YAMAJAM 主催と多岐に渡り活動中。

●富木 えり花〈ダンサー〉 学生時代に身体表現に興味を持ちストリート•コンテンポラリー•アフリカンダンスなど 様々なジャンルのダンスを経験してゆくうちに、ダンスとアニミズム•シャーマ二ズムの関係に深く惹かれ、 世界の伝統的な民族舞踊に出会うためアジア•ハワイ•中東へ旅に出る。
2009 年パリ・シャトレでのエキシビジョンを皮切りにソロダンサーとしての活動をスタート。 京都•松尾大社、滋賀・佐佐貴神社、兵庫・斑鳩寺など神社仏閣での奉納演舞や、様々なアーティストと共に 海外ツアーを巡る。全米ヨガアライランス認定講師。 http://www.fukierika.com/

開催日

2016年7月9日19:00 ~

イベント登録者

PazarBazar

開催場所

項目内容
場所函館八幡宮
住所(1行表示)〒040-0046 Hokkaido Hakodate-shi 谷地頭町2番5号

開催場所の地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)