場所:茨城県のイベント

つくば地域連携交流会 ~つくばで自然災害を考える~

平成27年9月に発生した関東・東北豪雨により、茨城県常総市では多くの家屋が浸水するなど甚大な被害を受けました。
この災害に対しては様々な観点から議論がなされていますが、一方で地図や地形などの専門的見地からするとどうであったのか、これらのことについて深く学び、今後の防災対策に役立てるための場として、茨城県つくば市の国土地理院において「つくばで自然災害を考える」をテーマに「つくば地域連携交流会」を開催します。



・日時 2月5日(金)13時から16時30分まで
・場所 国土地理院「地図と測量の科学館」オリエンテーションルーム
茨城県つくば市北郷1番 http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/
・主催 総務省関東総合通信局、関東ICT推進NPO連絡協議会
NPO法人GIS総合研究所いばらき(GRI)
・後援 茨城県、つくば市
・協力 国土交通省国土地理院
・内容 詳細は、チラシをご覧下さい。
○基調講演「自然災害を地図で理解する」
宇根 寛(国土地理院 地理空間情報活用推進分析官)
○話題提供「関東・東北豪雨から学ぶ」
・被災状況~現地からの報告~
中島 博敬(新星コンサルタント 代表取締役)
・データで見る気象状況
筒井 和雄(日立製作所 電機システム本部)
・被災地からの情報発信最前線・起きてわかった情報の重要性
青木 智也(イバラキング・いばらき統計サポーター)
・何が被害を甚大にしたか
安原 一哉(茨城大学地球変動適応科学研究機関)
○国土地理院「地図と測量の科学館」自由見学

・対象 一般の方、NPO法人、自治体関係者及び民間企業等
・参加費 無料
・定員 80名(事前登録制、申込先着順)
・申込 氏名、団体名、連絡先を明記の上、メールかFAXにてお申し 込み下さい。
・申込先:
GIS総合研究所いばらき(GRI) http://www.gis-ibaraki.or.jp
e-mail:office@gis-ibaraki.or.jp
TEL:029-257-1234 FAX:029-255-2555

開催日

2016年2月5日13:00 ~ 2016年2月5日16:30

イベント登録者

関東ICT推進NPO連絡協議会

開催場所

項目内容
場所国土交通省 国土地理院
住所(1行表示)〒305-0811 Ibaraki Tsukuba-shi 北郷1

開催場所の地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)