場所:富山県のイベント

特別展「高岡開町410年記念 前田利長書状展」

イベント説明

高岡は慶長14年(1609) 9月13日に加賀前田家2代当主・前田利長(1562~1614)によって開町され、2019年は410年の節目にあたります。
慶長14年3月、利長が隠居していた富山城は焼失します。翌月、幕府から許可を得て、当時「関野」といわれていた原野に城と城下町の造成を開始しました。それ以降、利長は9月に入城するまで多くの書状を出して造成を指揮しており、早急に高岡に入城したいという並々ならぬ熱意をうかがうことができます。
もともと利長は筆豆で多くの書状が残されており、最近の研究では約1,600通を超える書状が確認されています(大西泰正氏による)。内容も公私にわたり多様で、当時の政局や制度・慣習をはじめ、利長の性格がうかがえるものなどもあります。
本展では初公開史料のほか、当館が収蔵する前田利長の書状を中心に展示・紹介します。
・会 期:2019年7月27日(土)~10月14日(月・祝)
・開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
・会 場:新館企画展示室
・入 館 料:無料
・休 館 日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)
☆会期中のイベント
特別展の理解をより深めていただくため、前田利長に関する3連続の講演会を開催いたします。
◎詳しくはこちら→郷土学習講座へ
https://www.e-tmm.info/nenkan2019.htm#2019lec
《展示説明会》
・日 時:2019年8月3日(土)、9月7日(土)、10月5日(土) 各日14:00~14:30
・参加無料(申込不要)

開催日

2019年7月28日09:00 ~ 2019年7月28日10:00

主催者・問い合わせ先

高岡市立博物館

開催場所

項目内容
場所高岡市立博物館
住所富山県高岡市古城1-5

開催場所の地図

SNS・Bookmark

B!

近隣のイベント

近隣の場所 (直線距離)